スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被害認識

テクノロジー犯罪を訴えるとき、かならず大きく当たる壁がある。それは精神医学であったり司法であったり何よりも世の中そのもの常識を覆す主張をしなければならないため、今更ではあるが困難を極めるのは言うまでもないことであり、世の中の理解を得難いのはしかたのないことだ。
この犯罪がどれほど常識とかけ離れたものであるかは、なかなか本人にしかわかるものではない。

まず犯罪被害者の一般的な認識とは、本人がおおよそ被害に明確に気づいており、その内容をほぼ把握していることが前提である。一般的な犯罪とテクノロジー犯罪との大きな違いについて述べてみようと思います。
まず一般的な犯罪の代表例として盗難にあった場合について考えてみる。盗難被害に気付くには、当然のことではあるが脳の記憶に自分の所有物が明確に記憶されていることが前提である。そしてその記憶に存在するはずの所有物を視覚により認識することにより、はじめて異常に気付くわけである。ようは、所有物が第三者により盗難された可能性大と本人が判断することは本人があまり意識することがない中で、脳の記憶と五感の一つである視覚を駆使していることになる。

一方通常の犯罪と程遠い(自分談)テクノロジー犯罪という犯罪について考えてみる。テクノロジー犯罪というのはすでに書いたとうり、五感送信技術の悪用である。私の場合とおそらく多くの他被害者の場合もテクノロジー犯罪の被害を認識するということは、イコール五感送信技術の悪用によって通常自然による自分自身の五感に異常を外部より発生させられているということを本人が自覚しているということにほかならないわけだ。
あたりまえであるが、人間の五感は通常外部より介入されることなどは無く、それはたとえば上記に書いたような盗難被害といったような日常における異常を察知するのに必要不可欠なものだ。盗難といった異常を察知するのは文化活動のできる人間のみかもしれない。すべての動物は五感を駆使することにより、異常を察知し続けないと生命の危険にさらされることは、いうまでもなく明白なことである。
また異常を察知する必要というのは盗難といった外部の変化的な事象にとどまるわけではない。自身の内部的な異常、すなわち病気を察知するのにも必要不可欠である。

外部及び内部の異常を察知するシステムを誤作動させるということは周囲からみると本人が虚偽の異常を申告しているのと同じ状態に誘導することができるということである。妄想ととられる多くの異常報告はテクノロジー犯罪の場合、五感を誤作動させることにより引き起こされたものであることも少なくない。
私の場合は明らかに通常ではあり得ない五感を連発される場合が多いので、比較的見分けるのが容易な部類なのかもしれない。
しかし多くの場合は自然の五感と区別するのが難しい場合も多くて、テクノロジー犯罪であることも認識できないことがどれほどの割合であるのか分からない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

広島県人

Author:広島県人
2011年頃、明瞭な音声送信や明らかな身体の操作感覚によってはじめてテクノロジー犯罪と呼ばれる電磁波攻撃を認識することができました。
しかしその後の他被害者のブログやコミュニティーの情報などで、以前から長く続いていた異様な体調不良や不幸が運命操作と呼ばれる脳科学を悪用したものによる原因であることを強く疑うようになりました。
このホワイト犯罪は不可視であり、また証拠が取れないため解決が非常に困難で、被害者自身でも誤認識が多々発生いたします。可能な限り憶測は避ける内容にしたく存じます。

お問い合わせや、ご連絡はこちらのメールアドレスまでよろしくお願いいたします。
lectual@gmx.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。