スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤立化手法の検証

テクノロジー犯罪被害者は、そのほとんどが社会や人間関係、さらには家族間でも孤立化の道をたどるのを避けることができず、無論そのような状況におかれても、外部からはテクノロジー犯罪やBMIによる脳操作など認めるはずはないので、ほぼすべての例といっても良いほどに本人の資質や性格、あるいは精神病の発症としてかたづけられるのが現状であることは、BMIによる性格や行動の改変といったことが認められるようになるまでは、いたし方の無いことだと思います。

こうのような、外部から見れば、精神世界の出来事がもし人工的に機械によって形成可能であるとするならば、それは現在の常識の根底から覆るに等しい事態であり、このような主張をする個人は団体は既存の勢力によりさまざまな妨害工作を受けることを余儀なくされ、デメリットのほうが大きい。しかしそれでもなお継続されるのは、一重にこの問題が深刻でありなおかつ決して一過性の小規模なものではないことの証拠であります。

このテクノロジー犯罪の被害者になると、大方のパターンで周囲や家族とトラブルを起こしてしまいます。起こしてしまうというり、加害者によって起こされているといった方が的確かもしれません。すなわちそれは周囲や家族の評価が変わってしまうわけですから、以前と同様に関係をたもつのが難しくなる場合も多いでしょう。

このトラブルの引き金になる元というのも現在の常識の範疇では理解できない方法が用いられます。ターゲットの感情を操作して、怒りの感情を本人の意思と関係無しに沸かせてもめ易くしたり、音声送信で離間対象者になりすまして、攻撃的な音声を送ったり直接被害者の意識に働きかけるような方法がとられるため、理屈で分かっていたとしてもこの孤立化工作を防ぐのは難しいものがあると思います。

周囲と揉め事や、トラブルを引き起こしやすくなるということはすなわち周囲の被害者に対する評価も変ってくることになりますので周りの人がみんな自分を阻害していると思うことも多くなるでしょう。このような状態を加害者は利用して、さらなるトラブルやときには危害を加える可能性があるとみると、攻撃をけしかけることもあるので、大変注意が必要です。
そもそもこの犯罪が取り締まられるしか根本的は解決方法は無いのですが、そのようなことを期待できない以上、自分で気をつける以外に無いので何とかならないものでしょうか?個人的にはこの自殺幇助とも犯罪幇助ともなんとも言いようの無いとてつもなく馬鹿げたV2Kの録音に成功すれば大変違った状況になるとおもうのですが。

V2Kの録音のみであれば、聴覚への不正信号を増幅して取り出すことができれば可能な気がするのですが、その辺の専門知識のある方がもしいらっしゃれば大変ありがたいのですが。

まあ、もし録音体制に入っても、24時間体制で監視している可能性が高いので、すぐにV2Kを止められる可能性が高いかもしれませんが。
/span>
スポンサーサイト
プロフィール

広島県人

Author:広島県人
2011年頃、明瞭な音声送信や明らかな身体の操作感覚によってはじめてテクノロジー犯罪と呼ばれる電磁波攻撃を認識することができました。
しかしその後の他被害者のブログやコミュニティーの情報などで、以前から長く続いていた異様な体調不良や不幸が運命操作と呼ばれる脳科学を悪用したものによる原因であることを強く疑うようになりました。
このホワイト犯罪は不可視であり、また証拠が取れないため解決が非常に困難で、被害者自身でも誤認識が多々発生いたします。可能な限り憶測は避ける内容にしたく存じます。

お問い合わせや、ご連絡はこちらのメールアドレスまでよろしくお願いいたします。
lectual@gmx.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。