スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療マフィア

医療マフィアという言葉、最近では耳に入ることも、それほど珍しく無くなってまいりました。
いわゆる医療マフィアとういものの正体ですが、世界的規模の特権階級によって、国やマスコミ、官僚、政治家を影響下に置き、本来であれば生存と治療のための医療が、医療システムそのものに悪影響を及ぼし、特に支配者階級からみれば搾取と殺戮のためにふさわしいシステムへと改悪されていく危険性については常に警戒しなければならない時代にすでに突入しているであろうことは、少なからず認知されつつあるのではないかと思います。マフィアという呼び名はついているものの、通常の犯罪組織集団とは異なり、合法的活動によって勢力を広げる組織であります。

この医療マフィアの関与するシステムとおもわれるものの疑いの強い、最近になって論議になっているものに抗がん剤の是非がありますね。いうまでもありませんが、抗がん剤治療の選択は任意でありインフォームドコンセプトによってその効果とともに説明されるわけです。効果予測はおおむね決して明るいものではなく、軽微である場合がほとんどだと思いますが、癌は言うまでもなく死病であるために「藁にもすがる」状態でありたいへん高額で副作用が強いにもかかわらず服用を決定するわけです。
末期癌詐欺という言葉をご存じでしょうか?末期癌詐欺とは末期癌の患者に対して行われる、何ら科学的根拠のない高額の代替療法を高額で売りつける詐欺のことで実際に警察による逮捕者もでているわけです。これらの詐欺は容易に想像できると思いますが、本人の「藁にもすがる」状態を利用して行われるわけです。さらには本人以外の家族や親族の死病に侵された身内に対する「万全を尽くす」という思いをも利用したきわめて悪質で非人道的な詐欺なわけですが、もちろん詐欺師からみれば末期癌患者の家族が経済的損失を被ったとして知ろうはずがありません。

正直私では、抗がん剤の是非については判断しかねますが、その超高額価格や価格改正の経緯から見て素人目からみても膨大な利権がかかわっているようにしか見えませんね。これは最近話題の夢のがん治療薬オプジーボについても、もしかしたら同じじゃあないんですかね。その価格や値下げのプロセスなど以前の抗がん剤とそっくりらしいです。
あまり医学界に詳しくない一般人からみても抗がん剤の強烈な副作用が敬遠され始めたので副作用の少ない抗がん剤を発売したようにしか見えません。

さて、がん治療の話は置いておきましてここでは本題と密接にかかわりのある精神医学につて述べていこうと思います。
本題で主な題材になる精神医学上の分類における統合失調症、この統合失調症は他の病気とは異質で発症年齢はたいへん低いことが特徴ですね。統計上の発症年齢では18歳前後が最もリスクが高いといわれています。同時に若年性認知症(分類上)を発症することでも知られているわけです。癌が高齢者であるほど発症リスクか高くなるのに対して、統合失調症と言う病気(?)は真逆で若年であるほうが発症リスクが高いということになっております。重度の統合失調症の場合入院治療となる場合も多いわけですが平均入院日数は約500日と言われています。統合失調症の場合の1か月の平均入院費用は20~30万といわれていますので20万としても500÷30×20万=約300万円の入院費になります。そして退院後も基本的に一生処方薬を飲み続けなければならないといわれていますが20歳に発症して70歳まで生きたとすると50年間薬を飲みつづけることになるわけです。
そうなるとまず治療総額は高額といわれている抗がん剤治療費などはゆうに超えてしまいます。
ここで被害者以外の方や、被害者でもあまり詳しくない方は50年も続く症状などが人為的なものであるはずはないとお思いなのは当然なので、 
https://www.youtube.com/watch?v=8b4GYyxMnbI
をご覧いただければこの加害組織は40年以上もの長期に渡ってターゲットを操作し続けることが可能であることが証言されております。
もし18歳の少年を故意に殺害あるいは重度の障害者となった場合は億の賠償金が請求されることも珍しくありません。しかしこの犯罪の場合は殺人に等しいと言われているにもかかわらず賠償金はおろか反対に被害者および家族が多大な経済的損失を被る場合がほとんどとなってしまいます。
スポンサーサイト

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。
さて被害はといいますとこれで何年目、何回目の年越しになるかわかりませんが今年も相変わらずノンストップの年越しになりますので、あえて繰り返しの内容になるだけと思いまして省略させていただきます。ただ今年は年越しは熟睡していましたのでその間の被害については存在するのかにつきましては分かりかねました。まあそれは毎日熟睡中はいずれにしても被害を認識することが出来ないので同じことですが(笑)。

更新がだいぶ遅れ気味になっておりますが、その理由はおおよそ被害70% 無視20% 仕事10%といったところでしょうか。

被害70%・・・この被害による周知活動、対策活動の抑止というのは被害経験者でなければわからない独特のもので、まず基本的に被害者は精神的とおそらく生体的にも俗にいう「無気力」に近い状態になりやすいので社会への働きかける力自体を削がれていくわけです。しかしそのような無気力の状態におかれても加害側は音声送信やその他でつねに怒りや加害者への憎悪は与えてくるので、被害者は反撃のアクションは常に取り続ける場合も多いわけです。ところが反撃のアクションを取ろうとすると、被害を強くされてアクション自体が取れなくなる、あるいはアクション後に加害が強化されたりするとトラウマによって継続的なアクションが取れなくなってくる場合がほとんどではないかと思うのです。

無視20%・・・現在はすでに閉鎖してしまいましたが、アメリカの大御所被害者サイトFFCHSの被害者へのアドバイスに、加害側は被害者の時間とお金をなるべく無駄にしようとするというものがあったわけです。
いわゆる無視とは被害を完全に無視してしまおうという意味ではなく、この被害者へのアドバイスにあるように必要以上に時間を対策に費やすことはやはりあまり好ましいことではないと思ったのでブログの更新頻度も少なくなってしまいます。
話はそれますが、時間を無駄にしようとするというのはわかりやすいかもしれませんが、お金を無駄に費やすように仕向けるというのは、このマインドコントロール兵器の能力をもってすれば人間の行動を出費を大幅に増加させるように変化させることは明らかに可能なわけで、このコントロールを私は勝手に「散財コントロール」と呼んでおります。もしかするとこのような散財コントロールなどは本人無断での行動変化をみる人体実験の一部なのではないかと思うことがあります。
これはこの犯罪の重要なファクターだと思っており、被害者が経済的に追い詰められる主な理由であることは間違いありません。

仕事10%・・・私は匿名での活動なので詳しい仕事の内容は書けませんが、いわゆる完全ではないにしても、どちらかというと自由業に近い形態なので拘束時間は少なく対策に回す時間は取りやすいです。しかし年末年始は比較的多忙になります。

今年の目標ですが、計画なので実行できるかどうかわかりませんが、更新型ブログのみではこの犯罪の非人道性、残虐性を伝えるには無理があるので別HPにて資料館的なものを作成しようかとおもっております。
資料館的といいますとピンとくる人もいるかもしれませんが、アイデアは自分が稀に訪れることもある広島市にあるあの原爆の資料館からアイデアのヒントを得たわけです。
しかし原爆とちがってこの被害を可視化、映像化するのは難しいので主に文章資料や被害記録などが主になるのではないかと思いますがたとえば他の被害者記録を掲載するには、本人の許可が必要になるので匿名での活動の場合はそれが難しくなりますね。
とりあえずはICAACTの EDUCATIONAL BOOKLET: WHAT HAPPENED TO EILEEN? の和訳などから始めようと思うわけですが計画倒れにならないことを祈るばかりです。

この被害の犠牲者は自殺者、精神疾患症状で人生を棒にされた者、病気を誘発された者、そしてあまりはいませんが被害者がおこした二次的被害の巻き添えになった者を犯罪の存在する頃より世界中でカウントすると原爆による犠牲者は確実に上回るのではないかと思います。原爆の犠牲者は概算できますがこの被害の犠牲者を概算するのは難しいと思いますね。
いまさらですがこの被害の最も難しいところは、自然発生の厄と人工発生の厄の区別がつきにくいところです。被害者はマインドコントロールで何でも被害に見えてしまう状態に陥りやすいので気をつけねばなりません。

BMI兵器の能力

これまでにも過去にBMI(ブレインマシーンインターフェイス)と思われる加害内容についていくらか書いてまいりましたが、ここら辺で一度その多彩な加害兵器の能力についてまとめてみようと思います。
私はこの加害装置のことを兵器とよんでいますが、これはこの装置がマインドジャスティス等でも指摘されているように核兵器に匹敵する危険性を指摘されていることや、個人では所有することが不可能な高機密の武器であることからあえてそう呼ぶことにしております。通常、兵器と呼ぶものは、軍が所有するものになりますがその所有者については諸説がありあえてここでは所有者については断定いたしません。
核兵器についての危険性は小学生でも理解されるのにこのマインドコントロール兵器について全く理解がないのは一重に攻撃が不可視であり、またその兵器の存在自体が機密と情報煙幕によって否定されているからにほかなりません。

まず第一に最も理解がされやすく、また戦争等でも主に降伏を目的として使用されたことが明らかになっているのは音声送信能(v2k)でしょう。
比較的理解されやすいとはいえ、その音声送信技術は通常の聴覚による音声認識とは全く別物と考えなければならない内容です。
この音声送信は主に被害者を惑わすために存在いたします。たとえば他人の声になりすますといったことは朝飯前で、実際に近くにいる実在人物と距離や方向を一致させるとあたかもその人物が実際に発した音声と変わらないようにおもわせることも可能ではないかと思われます。音声ではなく例えば隣部屋や天井から実際にはない騒音を聞かせることも可能のようです。
音声送信とういとあまりシリアスではないと思われるかもしれませんが、このような偽装音声とその他の感情操作を組み合わせれば、殺傷事件にまで発展する可能性もあります。騒音トラブル等による重大事件の原因は一部ではあるかもしれませんがテクノロジー犯罪である可能性があるのです。
この音声送信技術のもっとも理解に苦しむ点は、それがターゲット本人にしか認識できない点です。これは伝達が通常の空気を伝わるのではなく電磁波によって脳に直接伝達されるためです。
このことを認めない限りは、音声送信は精神病の幻聴という認識は変わらないでしょう。
この音声送信のみでも人間関係を全く破壊され、重度の生活妨害が可能であることを認識するべきでしょう。

次に主な加害内容として挙げられているものの、非常に理解に苦しむのが感情操作能力です。被害にあえばわかるのは本当に人間の感情はボタンかレバーのようなもので、外部から操作できたり、調整することが可能であるということです。この被害も例えば、ターゲットを抑鬱状態に操作すれば自殺に追い込むといったことが可能であることは容易に想像してもらえると思いまます。
大量に使えば大量に自殺者が発生しても、単なる自殺シンドロームとしてしか処理も認識もされない・・・本当にゾッといたします。
数年前に私が経験したのは、感情操作でも+と-を両方用いるようなもので、+の場合は本当に一気に抑鬱や怒りといった負の感情から、立ち直ってしまうといった状態です。この時思ったのはこの装置は反対にもちいれば医療に使用することが出来るのではないかということでした。その後、ニック・ベギーチ博士の電子洗脳の本に出会い、医療での使用について触れられているのを見たときはやはりこの機械は医療に使用することが可能であることを確信いたしました。
ただし+と-の操作だったのは数年前のみで現在ではほとんど-の操作のみです。
+と-の操作時からこの感情操作はなぜか音声送信とセットで行われ、+の操作時はたとえばきれいな女性の声に代わり、-の操作時はヤクザのような男性の声といった感じで、なぜこのようなことを行われるのかについては意図的に本人に操作を気づかせている以外、理由がわかりません。

もう一つ前記の+と-の操作の前にあったのが、加害の開始のデモンストレーションともいえるべき操作です。正直いってこの時期の操作が最も驚くべきもので、なおかつ最も信じがたいものでした。
睡眠中に突然、頭皮をなぞる様な感覚と共に何か頭に埋め込ませたといった音声ナレーターとともに、ハッキリとわかるほどの頭をなにか棒か何かでなぞるような感覚が機械によって作られたわけです。
つまり、装置は通常の皮膚への接触やあるいは、外傷時と同じ痛覚といったものをピンポイントで皮膚の場所まで偽造することが可能だと思われます。
わかりやすくええば、ハチが右腕の関節の若干上を刺された時と同じような痛覚を神経信号として、実際はなにも無いのに脳に認識させることが装置で可能と思われます。
加害の開始のデモンストレーションともいえるべき操作といったのは、後で分かったのですが実際はその時点が加害の開始だったわけではなく、それ以前から長期間に渡って操作を受けていた可能性が高いからです。

そして最後にこれはあくまでも私自身がはっきりと受けたわけではないので、100%言い切ることはできない能力ですが、実際に身体の各部位を脳からの指令を偽造して動作させることが可能であるかもしれないということです。
これだけ精巧に脳への偽装信号を送信することが可能なわけです。反対に脳からの偽装信号を身体の各部位へ送信することが出来ても一向に不思議はないと思いました。
体の部位を動かされる操作はやられてないといっても、睡眠や排泄といった生理現象の操作は受けているわけです。

その他にも臭覚の送信や映像の送信等、まだまだ書けばキリはありませんが詳しくはテクノロジー犯罪被害ネットワークHPに詳しく記載してありますのでここでは割愛いたします。
このような偽装音声や、偽装感覚に騙されないようにするためには、自分の五感を疑わなければならないため、本当におかしな話になってしまいますね。


被害認識

テクノロジー犯罪を訴えるとき、かならず大きく当たる壁がある。それは精神医学であったり司法であったり何よりも世の中そのもの常識を覆す主張をしなければならないため、今更ではあるが困難を極めるのは言うまでもないことであり、世の中の理解を得難いのはしかたのないことだ。
この犯罪がどれほど常識とかけ離れたものであるかは、なかなか本人にしかわかるものではない。

まず犯罪被害者の一般的な認識とは、本人がおおよそ被害に明確に気づいており、その内容をほぼ把握していることが前提である。一般的な犯罪とテクノロジー犯罪との大きな違いについて述べてみようと思います。
まず一般的な犯罪の代表例として盗難にあった場合について考えてみる。盗難被害に気付くには、当然のことではあるが脳の記憶に自分の所有物が明確に記憶されていることが前提である。そしてその記憶に存在するはずの所有物を視覚により認識することにより、はじめて異常に気付くわけである。ようは、所有物が第三者により盗難された可能性大と本人が判断することは本人があまり意識することがない中で、脳の記憶と五感の一つである視覚を駆使していることになる。

一方通常の犯罪と程遠い(自分談)テクノロジー犯罪という犯罪について考えてみる。テクノロジー犯罪というのはすでに書いたとうり、五感送信技術の悪用である。私の場合とおそらく多くの他被害者の場合もテクノロジー犯罪の被害を認識するということは、イコール五感送信技術の悪用によって通常自然による自分自身の五感に異常を外部より発生させられているということを本人が自覚しているということにほかならないわけだ。
あたりまえであるが、人間の五感は通常外部より介入されることなどは無く、それはたとえば上記に書いたような盗難被害といったような日常における異常を察知するのに必要不可欠なものだ。盗難といった異常を察知するのは文化活動のできる人間のみかもしれない。すべての動物は五感を駆使することにより、異常を察知し続けないと生命の危険にさらされることは、いうまでもなく明白なことである。
また異常を察知する必要というのは盗難といった外部の変化的な事象にとどまるわけではない。自身の内部的な異常、すなわち病気を察知するのにも必要不可欠である。

外部及び内部の異常を察知するシステムを誤作動させるということは周囲からみると本人が虚偽の異常を申告しているのと同じ状態に誘導することができるということである。妄想ととられる多くの異常報告はテクノロジー犯罪の場合、五感を誤作動させることにより引き起こされたものであることも少なくない。
私の場合は明らかに通常ではあり得ない五感を連発される場合が多いので、比較的見分けるのが容易な部類なのかもしれない。
しかし多くの場合は自然の五感と区別するのが難しい場合も多くて、テクノロジー犯罪であることも認識できないことがどれほどの割合であるのか分からない。

TIドキュメンタリー映画制作決定

Remote Controll という題名でテクノロジー犯罪を題材にしたTI(Target individual)ドキュメンタリー映画の制作が海外で決定したようなので本ブログでも紹介しておきます。

原文

SYNOPSIS
Is it possible to hack a human being? It is possible to modify his behavior, alter his personality, read his thoughts, implant dreams, memories or ideas in his brain, make him hear voices or pronounce phrases... force him to act against their will, even force him to commit suicide?

Experts say that, with currently available technology, and the convergence between neuroscience and electronics, this is all already possible. Since the experiments of Dr. Jose Delgado in Yale University, in the 60's and 70's, mind control techniques has become one of the main areas of interest for secret services and the military.

And thousands of people, in the United States, in Europe, and spread all over the world, claim to be victims, targeted individuals, used as guinea pigs, in large scale experiments to verify the effectiveness of these techniques.

Those affected by these non consensual trials are starting to group into associations, demanding official investigations that determine who is behind these experiments. Their stories sound like science fiction, and are often rejected, or ridiculed, but the symptoms they explain corresponds with techniques that have been investigated at some point by scientists, and form part of scientific research currently underway, or carried out in recent years.

Developed by neuroscience labs and research centers from some of the leading universities in the United States, many of this trials has been funded by DARPA (the Agency of advanced research for America's defense) and protected by military secrecy. Many of the patents which have been derived from these investigations are part of the list of the so called "black patents", restricted by its strategic interest, and not accessible for the public.

http://www.stopeg.com/timeetings.htm

翻訳

人間をハッキングする事は可能なのか?人間の態度/行動を変えたり、人格を変えたり、思考を読んだり、夢を作り上げたり、記憶やアイディアを送り付けたり、本人だけに声を聞かせたり、フレーズを聞かせたり、、、意志に反して行動させたり、自殺まで強要させることなどは可能なのだろうか?

専門家によると、現在ある神経化学技術(ニューロサイアンス)と、電気工学(エレクトロニックス)のテクノロジーを組み合わせればそれは既に可能と言う。1960年代から、1970年代にかけて、イエール大学のホセ デルガド博士(MK Ultra)の実験以来、マインドコントロール技術は諜報機関や軍事機関の関心の主な分野の一つとなっています。

そして、アメリカ、ヨーロッパ、そして世界中で、何千もの人々が、この技術の大規模な人体実験において、またこの技術の有効性を検証するために、そのテクノロジーの被験者(被害者)、モルモットとして使用(犠牲に)され、TI (Targeted Individuals/テクノロジー犯罪被害者)として、ターゲットされている事を主張し続けています。

これら非合意(極悪)の人体実験によって苦難を受ける人々は、これらの実験の背後にある組織を追求するために、公式の調査を(政府機関に)要請し、組織化/組合化(被害者団体)し始めています。彼らの主張する症状は、SF<サイエンスフィクション>(空想科学)のように聞こえるため、しばしば拒否(拒絶)され、または嘲笑されています。しかし、彼らの説明する症状は、科学者によっていくつかの点(研究)で検討されている技術に対応(見合い)します。科学的研究の一部を研究する体勢は現在進行中(進歩中)で、近年中に行われる予定です。

米国の、有数の大学にある、神経科学研究所や研究センターのいくつかがこれらの技術を開発しましたが、この実験/試験の多くは、DARPA(アメリカの防衛のための先進的な研究機関)が資金提供され、機密的に軍事機関より支援(援助)を得ています。
これらの調査に由来している特許の多くは、いわゆる、ブラック特許のリストの一部であり、その戦略的な利益によって制限され、公共や市民には公開されていません。
--------------------------------------
映画にかかわらず、テクノロジー犯罪を題材にしたメディアの制作はそもそも事象自体が不可視であることからなかなかインパクトのあるものを制作するのは困難であると思いますが、そのなかでこういったメディアが制作されるのは心強いです。
とにかく、神経化学技術(ニューロサイアンス)と、電気工学(エレクトロニックス)を使えば周囲から異常行動に見立てられるよう仕向けるのは、いとも容易いのでそのあたりを織り交ぜていただければ個人的には嬉しいです。
あるいはもっと大規模に使用すれば、集団パニックを引き起こすことも可能だとおもうので、将来ノンフィクションとして起こりうる大規模パニック映画等でもいいかもしれない。


FFCHS解散とのことで、経緯はともかくHPの情報量は世界トップレベルであっただけに非常に残念です。とくに被害者アドバイスは大変良いものだと思ったので、なんとかHPのみでも残してほしかったと個人的には思いました。
かわりに多国語(日本語はありません)に対応しているのでstopeg.comをリンクいたしました。
プロフィール

広島県人

Author:広島県人
2011年頃、明瞭な音声送信や明らかな身体の操作感覚によってはじめてテクノロジー犯罪と呼ばれる電磁波攻撃を認識することができました。
しかしその後の他被害者のブログやコミュニティーの情報などで、以前から長く続いていた異様な体調不良や不幸が運命操作と呼ばれる脳科学を悪用したものによる原因であることを強く疑うようになりました。
このホワイト犯罪は不可視であり、また証拠が取れないため解決が非常に困難で、被害者自身でも誤認識が多々発生いたします。可能な限り憶測は避ける内容にしたく存じます。

お問い合わせや、ご連絡はこちらのメールアドレスまでよろしくお願いいたします。
lectual@gmx.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。