FC2ブログ

解決への道

当ブログは本犯罪の他犯罪とは違う特異性について述べてまいりました。
簡単にまとめますと、
1.特定の国家、地域にとどまることなく世界規模の犯罪である。
2.人間を操作する技術が用いられているため、被害者の思考、感覚に介入する事が可能である。
3.使用されている電磁波は射程が非常に長距離であることが予想されるため、犯人を発見することが極めて困難である。
4.主に精神医学を主とした現行システムに支えられているため、限りなく合法的な犯罪となる。

私は被害にあったときより、当たり前ですが極めて少ない情報だけを頼りに、解決の道を探りました。
現代では原子爆弾に代表される非人道的兵器についての脅威を知ることができるのは、現代では極めて当たり前のこととなっていますが、はたしてそれは、原爆が機密事項であったときはそうであったかというと、間違いなくそうではありません。
原爆の場合は一度使用すれば、開発者が機密事項のままであることを、いくら望んでもそれは不可能です。
しかしこの兵器の場合はそれがいくら世界規模で多くの人に対して使用され続けても表面上はほとんどわからないため、公式に機密隠蔽されつづければ、存在自体を否定することが容易であり続けるでしょう。
殺人罪が重罪であっても完全には無くならないように、この犯罪も完全に根絶することは不可能でしょう。
しかし、現在のように半合法的な拷問、間接殺人となっている現状は無くさなければいけないのは明らかです。
更に問題は、今後、使用機器の進化やコストダウンによって実行数自体が増加することが予想されることです。

最も可能ではないかと自分的に予想できるのが、この不明電磁波をジャミングする方法です。
以前にも当ブログで紹介しましたが、特許情報のみであれば、この犯罪に使われていると思われる電波を警報し、妨害しさらには逆探知することも可能な機器が発明されているらしいです。もしこの犯罪が脳が携帯電波を受信するような仕組みで成り立っているならば、携帯電波をジャミングするのと同じ仕組みで妨害できるのではないでしょうか?
恐らくですがそのような機器の情報が全く見当たらないのはこの技術自体が機密であるために、それらの情報も機密事項の可能性が高いのではないでしょうか?
もしそうであれば、機密を解除しない限りそれらの機器を入手することは一般人には不可能でしょう。

次に、物理的にこの電磁波を遮断してしまう方法ですが、通常一般人が手に入れられる素材で通常の電波を遮蔽するのと
同じ感覚で対策することは、まず不可能と思って間違いないと思います。
いかなる電磁波をも遮断する物質として知られているのが、超伝導物質です。
超伝導物質で囲まれたルームに滞在すれば完全に防げることが予想できるわけですが、常温超電導は現在不可能で実現しても
そのようなルームは非常に高価であることが予想できるので、現実味としてはあまりありませんが、実現すれば最強の防御法となるはずです。
参考ですが地球全体は自然のシューマン周波数7.83Hzで満たされており、宇宙空間などでこれが到達しなくなっても人間は変調をきたし始めるのですね。
このことに気づいたNASAは現在では宇宙空間でもシューマン周波数発生装置を搭載しているそうです。

政治的な解決法についてですが、まず、このような攻撃形態の正体自体が完全にはわかっていないため、そこから突き止めるためにはやはり機密の解除が必要になるような気がしてなりません。少なくともこの技術はそう近くない過去より地球上に存在していることは明らかで、宇宙人の仕業でないことだけは明らかです。
多くの証言から地球上で電磁波が到達しない場所は無いのではないかという可能性は高く、なにか地球規模の壮大なシステムが存在しているとしか私は思えません。そしてそれを管理しているのは一国なのでしょうか、連合国家なのでしょうか?それとも国家は把握できていないのでしょうか?

追記

この犯罪が統合失調症ビジネスと関連して、多くの人間の生活を奪い、不幸に貶めていることは可能性として当ブログでも、他ブログでも触れられていると思いますが、例えばこれが最近では認知症ビジネスと関連してまた多くの人間の生活を奪う可能性といった、統合失調症ビジネス以外への負の貢献についても考慮しなければならないと思うのは、私だけでしょうか?
今の技術だと統合失調症の症状以外にも認知症の症状を作り出すことも可能だと思うので。
被害者になると、どうしても資本経済の最大の問題である捏造病気市場について怒りを覚えざるにはいません。
スポンサーサイト



What Happened to Eileen?(4)

Those working with sensitive information (usually in govermental departments) are commonly required to sign a statement to the effect that they agree ,to abide by the restrictions of the Official Secrets Act.
The Official Secrecy ACT -is a LAW.
これらの繊細な情報をともなう仕事(しばしば政府機関内部)は、通例、自らが公式の機密行動の制限事項を遵守する声明文に署名するよう求められる。
公式の機密行動は法律である。
It is not a contract,and individuals are bound by it whether or not they have signed it.
Signing it is intended more as a reminder to the person that they are under such obligations.It is common to sign this statement both before and after a period of employment that involves access to secrets.Violating this Law is punishable.
それは契約などではなく、個人は署名するしないにかかわらず、それに縛られる。
それに署名することは、彼らがそのような義務下にあることをリマインダー以上に自覚させることを目的としている。雇用期間の前と後の両方において、機密事項へのアクセスを必要とするこの声明文へ署名することは、普通である。

※第二次大戦中のマンハッタン計画(原子爆弾製造計画)では,各工程を詳細に分割製造した後、最終的に組み立てるまでは、製造者にすら完成物がわからないような機密工程
が組まれたといいます。計画に携わった延べ人数は数十万人でも最終的に計画の内容を総覧できる人物はわずか数人しかいなかったとか。
テクノロジー犯罪に使われている技術はこれまでの経験から大げさではなくマンハッタン計画に匹敵する技術内容としか思えません。
原爆のような製造物ではないかもしれませんが、機密保持にはこのような分割製造の手法が用いられているのでは?最終的に全貌を知る人物は数人しかいないのかもしれない。かなり既出のBarry Trower博士でもすべてを総覧できる立場ではなかったようです。
いずれにしても政府としても、例えば偽統合失調症や診断基準への懐疑が止められなくなるので、隠蔽以外の方策は取れないといったところでしょうか。

So Why have I not heard of this Before?
There has been a lack of public awareness into these experiments both past&present.
Mainstream media outlets...
Often have silence bans&threats placed upon them.
Ensuring Silence!
Enabling the Deadly Abuse to Continue!
Many of the proven cases-on previous page
were not investigated,
それではなぜ自分はこれを今までにこれをきいたことがなかったのだろう?
まず過去と現在においてこれらの実験に対する市民意識が欠如している。
主流メディアは取り上げない...
それらにいつも無言の恫喝や、威嚇を置かれる。
ずっと沈黙し続けている!
殺人的な悪用を続けることを可能にし続けている。
前のページの証明されたケースの多くは調査されなかった。

All of this is done Cleverly/Secretary,And is usually known only to the Attackers, and the Victims!
この全ては巧みに/秘密裏に行われ、そしていつも加害者と被害者のみにしか分かることがない。

※メディアが多様化し続けいると言われているが、主流メディアが取り上げない限り、市民意識の問題として存在すらしないといった現状は現在も同じというこどなのだろうか?
known only to the Attackers, and the Victimsに補足すると実際はVictimすら知り得ることなく加害することも可能と思われ、それが隠密兵器と言われる所以であり最も恐ろしいところではないでしょうか?

Eileen thought she had it all once ...Like countless others did.
Until early 2004 when...
Her Life was completely Invaded -Savotaged!
Having endured these horrific tactics that continued to escalate for over 7 years and...
Left With-
それで最後にEileenに何が起こっただろうか?
Eileenはそれ(以前の普通の生活?)をかつてすべて持っていたと考えた...他の数えきれない被害者がもっていたように。
2004年の初期までは、そして
彼女の人生は完全に侵略され、破壊された!
7年以上にも渡ってエスカレートし続けた恐ろしい戦術に耐え続け残ったのは


Ill health
In constant pain
jobless&penniless
Forced to live in a rundown area
Isolated and abandened from the ones she thought she could count on
With NO SIGN of any long-term protection from these torturous tactics
Eileen was...
Driven to SUICIDE
Rest in Peace Eileen

不健康
恒常的な痛み
失業と一文無し
ランダウンエリアに住まざるを得ない
彼女が頼りにできると考えた人からの孤立と見捨てられた
これらの拷問戦術からの長期的保護の兆候無し
Eileenは...
自殺に走った
Eileen氏 安らかにお眠りください

What Happened to Eileen? (3)

Eileen was Nothing but Experiment...Why?
Eileen was made aware quite early in her ordial,that the tactics done to her wewe very deliberable,organized&
professionalised.Leaving her totally gob-smacked,when she found out,that she was nothing but experimental guinea pig,in the eyes of many trusted professionals.
Eileenは、他でもなく実験でした...なぜ?
Eileenは彼女になされた戦術は、とても計画的で、系統だっており、専門職化されていることに、彼女の苦しい体験の極めて早くから気づいた。
彼女は自分が実験用のモルモット以外の何者でもないと分かったとき、多くの専門家の目で、総合的に非常に驚かされ続けた。

※テクノロジー犯罪の目的考察は以前に行いましたが、被害者になれば絶対に感じざるを得ない、というより無理矢理にでも感じさせられるのが、
自分が同意もなしに実験用のモルモットにされられた感覚だ。とても計画的で、系統だっており、専門職化されていると感じるのは私も同意見ですが、
わからない最もこの犯罪の謎の部分は、これが24時間しかも数十年にも渡り継続可能であるということです。
ありえる可能性としては、専門家により全自動、半自動にプログラムされていておおむねは自動で実行されている可能性。
このあたりがこの犯罪を解くカギであるような気がしてなりません。

Many times-Questining Herself
WHY ME?
What have I Done Wrong?
WHO is BEHIND this?
何度も何度も自分自身に問い続ける
なぜ私?
私が何か悪いことをしたの?
これの背後にはだれが?

As retired military specialist,physicist and former agent Dr Barry Trower

Eileen hadnt done anything Wrong!
She was simply just-Chosen!
引退された陸軍のスペシャリストであり、物理学者であり、元エージェントであったBarry Trower博士によると
Eileen氏は何も悪いことはやっていない!
彼女は単純に選ばれたんだ!


These deliberate UNETHICAL experiments for Medical,Weaponry&Behaviour modifificatin/control research are done by goverment scientists on unwitting citizens,by beaming invisible microwave frequencies on them!Funded by many govermental departments,such as:Military,Intelligence agencies with various stages being carried out in other govermental departments such as hospitals,institutions,prisons ets,and sub conteracted to various privastised organisations.
これらの医学的、兵器類的、行動修正の研究は不可視のマイクロウェーブ周波数ビームによって無知の市民に対して、政府の科学者によって行われる。
この研究は、軍事や病院、福祉施設、刑務所等の他の政府系組織の中の実施中のさまざまな活動範囲をともなう情報機関などの、多くの政府系機関によって資金を提供されている。

※政府系科学者によって実行されていると聞くと、それは主に学術目的のようにきこえるかもしれないが、実際は拷問、処刑(直接死ではない)、また最近ではテロ生成などにも。
このような犯人が政府系科学者といってもにわかには信じられないかもしれない。しかしMKULTRA等の推移を振り返ればわかるように拷問等は実際に政府系科学者の手によって実行された歴史があります。もちろんこのような専門職が単独判断で実行できるはずはなく、命令系統が存在することは想像に容易いでしょう。
それらの意思決定は Barry Trower博士の言では、全く民主主義のプロセスを経ていない、国民による非選出権力であるとのこと。


These scientists are above the law!
(They are not held accountable for their actions!)
これらの科学者は法を超越する!
(かれらは自らの行動の責任を負わされることはない!)

WHY?

Their reserch
&
Technologies they work with,
Are often under the,
BANNER of CLASSIFIED INFORMATION!

Scientists employed by the government...
PROTECTED
by the
Official secrecy ACT!

(A licence to kill!)

なぜ?

彼らの研究や使っているテクノロジーはいつも機密情報の御旗の元にあるからだ。
つまり、政府によって雇用されている科学者は公式の秘密行動に守られているといえる。
(究極の言い方をすれば)殺しの免許を持っていることになる。

What Happened to Eileen? (2)

These people came from many different backgrunds,cultures,educationnal&income levels,
and are known as Target individuals.She found that Children and pets are not exempt from the victim count either.All...
彼女が貯蓄の残りをコンピューター(PC?)に費やし、捜索し始めたとき、やがて世界中の数も知れない被害者に(webで)出くわすようになった。
これらの人々は、多くの違う環境や、文明、教育、所得水準で構成されており、ターゲットインディビジュアル(TI)として知られている。
彼女は子供たちやペットですらも、犠牲者から除外されないことに気づいた。

Experiencing the same Devastating Ordeal as Her!
Including...
Effects of being stunned-so they cannot move!
With Excruciating Pain &Deep burning to...
Selected-Body parts.
彼女と同じさんざんな苦しい体験を体験し続けている!
以下のような内容で...
喪神の効果などによって-彼らは動くことが出来ない!
耐え難い痛みと選択された体位への深い焼け付きと一緒に。

※上にあるように被害者は仕事も対策周知も行動自体を大きく制約されてしまい、動けない(cannot move)状態に置かれることはぜひ知ってもらいたいことの一つです。つまりこのような状態のため、被害の規模に比べると上げられる声というのはずっと小さいことが予想されると思います。
これには単にcannot move以外にも私の場合と多くの場合で、声による脅迫や本人以外への脅迫に及ぶ場合もあり、疑似的に銃を突き付けられた状態と同じになる被害者も多いのではないでしょうか?
被害にあえば仕事にも大きな支障が生じることが身をもって体感させられるので、仕事持ちというだけで偽被害者の疑いをかけられたりすることもあるかもしれませんが、精神医療の診断と同じで決定的に偽物と本物を見分ける方法というのは存在しないので難しいところではあります。


Some Common Symptoms いくつかの一般的な症状

Electrical currents running into/through various body parts  
さまざまな体位を流れる電流
Electrical shocks to various body parts            
さまざまな体位への電気的ショック
Electrical jolts to random body parts             
ランダムな体位への電気的振動
Burning sensations to various body parts(often internally)  
さまざまな体位への焼けつくような感覚(しばしば内部で)
Pressure in the head and varous body parts          
頭やさまざまな体位への圧力
Clicking/popping,sounds in the head              
頭のなかでのクリック音やポンとなる音
Heart problems,palpitations                  
心臓の問題、動悸など
Major organ failure                     
主要な臓器不全
Various cancers                        
さまざまな癌
Involuntary body movements                  
不随意の体の動作
Forced speech,stuttering,gagging  
強制的な喋り、どもり、強制さるぐつわ
Slow memory recall 
遅れた想起
Erased memory of set periods of time  
定められた期間の記憶喪失
Continouous headaches(that pain relief cannot fix)      
継続的な頭痛(疼痛治療では治すことが出来ない)
Ear aches,ear hums,buzzing,clicking          
耳の痛み、ハミング、機械音、クリック音    
Piercing high pitches&static sounds inside ears        
耳の中へのつんざくようなハイピッチで静的な音
Sensitivity to chemicals (alos known as MCS-Multiple Chemical Sensitivity)                  
化学物質過敏症(多種化学物質過敏状態としても知られている)
Sudden unconsciousness  
突然意識がなくなる                  
Irregular sleep patterns                   
不規則な睡眠パターン
Mimicked voices/conversations to the head (But no one is there)          
頭への模倣された声や会話(しかしそこには誰もいない)
Sore/achy muscles-for no apparent reason           
はっきりした理由も見当たらない筋肉痛、関節痛
Drained-for no apparent reason                
はっきりした理由も見当たらない疲労
Rashes                            
発疹

※これらの症状はほとんど自分が経験したものと一致していて、このうち経験してないのは
Various cancers、Forced speech、Sudden unconsciousnessくらいではないかと。


(unchained voices)
Eileen and countless other experience voices to the head
But dont have any history of Mental illness.
These voices often seem to be coming,
From an extenal source...
From behind the head,
As if someone is playing a radio tape.
Often Chatting-24/7
Eileenとその他数えきれないほどの被害者は頭への声を経験したしかし精神疾患の病歴はない
これらの声はしばしば外部の発信源から来たり、頭の後ろからきたりしているように見える
まるでだれかがラジオオテープをながしているように
24時間年中無休で会話をしている

・Some have reported hearing recordings of other people having a conversation at these times.
・The voices can be in various languages to any one victim.
・Often the voice mimics a loved ones voice.
・It is not unusual for one to be awoken from a deep sleep by these voices,& at times to be accompanied with sharp but deep pitchs,a humat times to be accompanied with sharp but deep pitchs,a hum,hissing&static sounds.
・It is crucial for the victim not to trust these voices-as the objective is to get the victim to trust them-
then to command the victim to be irrational and worst case scenario,to commit a serious crime-such as murder.Or to
eventually commit suicide!
・幾人かは今の時代に他人の行った会話の録音を聞いたりしたと報告している。
・声は誰かひとりの被害者に対して、さまざまな言語たりえる。
・しばしば声は愛する人のものを模倣することがある。
・これらの声や、時には、鋭いしかし深い騒音、雑音、静かな歯雑音により、深い眠りから目を覚まさせられることは珍しくない。
・被害者にとってこれらの声を信用しないことは極めて重要だ。声の目的は、被害者にそれらを信用させ、被害者に分別のない行動をとらせ、
 最悪のケースは殺人などの重罪を犯したり、最終的に自殺させたりすることにある。

※24時間年中無休会話も世界中で起こっている現象であることが分かると思います。
しかも、この会話は多言語対応しているのではないかと思ってしまいます。同じ被害者で国を移動したとたんに言語まで変更した例もあるそうです。
最後の声を信用しないことが極めて重要であることは、絶対に外せない対策法であると思います。
声を信用すれば自殺率が格段に上昇することが言われています。

Eileens vioces to the head are known as ...
Artificial Telepathy ,Synthetic Telepahty,Voice to skull(v2k)
The experience of"Arificial Telepathy "is really not that extraordinary.
It is as simple as receiving a cell-phone call in ones head.

・Most of the technology involved is exactly identical to that cell-phone technology .
・Satellites link the sender and the receiver.
A computer"multiplexer"routes the voices signal of the sender through
microwave towers to a very specifically defined location or a cell.
・The "receiver"is located and tracked with pinpoint accuracy,to withion a few feet of actual location.

But the receiver is not a cell phone.Its a Human Brain!

Eileenの頭への声は,人工テレパシー、合成テレパシー、Voice to skull(v2k)、として知られている。
「人工テレパシー」の経験は、本当に特別ではありません。
それは頭の中に携帯電話を受信するのと同じくらい簡単だ。

・関与しているテクノロジーの大部分は、ちょうど携帯電話のそれと同一だ。
・衛星は、送信者と受信者をリンクする。
マルチプレクサ(ふたつ以上の入力をひとつの信号として出力する機構)コンピューターはマイクロウェーブタワーを通して、非常に具体的に定義された場所や小室への送信者の音声信号の経路を決める。
・受信者は正確な現在地の2.3フィート以内のピンポイントの正確さで位置を突き止められ、追跡される。

しかし、レシーバーは携帯電話ではない。それは、人間の脳だ!

※これまでの経験から、「関与しているテクノロジーの大部分は、ちょうど携帯電話のそれと同一だ」というのには激しく同意する。
そうでなければ四六時中、すばやく移動しようが、車で移動しようが、はたまた新幹線で移動しようが全くリンクが切れたと思うためしがないというのは説明がつかないだろう。予想だが、この電波は発信源より全方位に向けて発射されており、それを人間の脳が携帯と同じような仕組みで個別に識別されてターゲットのみが受信しているのではないだろうか?
携帯電波でもトンネルの中では到達することが出来ないが、この電波は到達しない場所というのが存在しない。
電波の性質というのは周波数が低いほど透過性が高いというのを聞いたことがあるが、おそらくこの電波は(電波法では)軍事利用や諜報活動等のみに許可された非常に低い周波数の電波が使われているのではないだろうか?


前回より間が空いてしまいましたが、残りの翻訳は近いうちに掲載しようと思います。pan>

What Happened to Eileen?



以前にもWhat Happened to Eileen?の和訳を可能であれば行おうと告知したこともあったのですが、やはり全訳は作業量的にも無理があるようなので、本Bookletのダイジェスト部分のみでも和訳して自身の被害経験なども注釈に加味してみようと思いました。What Happened to Eileen?とは何ぞやというのは当然なので、簡単に言えばテクノロジー犯罪(electronic harrastment)の被害者であるEileen氏(故人、自殺)の例をWendy Newman氏によって手記にまとめたものです。
リンク先のICAACT."ORG の最下段あたりからダウンロードすることが可能です。
このハンドブックを和訳しようと思った理由はこの不可解、難解なこの犯罪の特徴を端的に表していると思ったからです。

冒頭It could happen to anyone. それは誰にでも起こり得ることです。

※正に自身の場合でも、他被害者の場合でも社会的地位や国籍、人種にかかわりなく被害者たりえるのはそのこと自体が犯罪の特徴でありまた大きな謎となっています。実行犯を推測されないように均一にターゲットを選択しているのではないか?

No one believed her! Those that should have helped-didnt... 誰も彼女を信じることができませんでした。助けるべきであった人たちでもです。

※この犯罪を周囲が信じることが出来ないのは、万国共通であり、残念ながら他国では住民の理解が進んでいるといった状況ではありません。統合失調症等は世界の常識ではあるが、元はアメリカの精神医学会の制定したDSMが元であり、世界中で診断基準となっていったわけです。

Due to how ill she had become, she was unable to stay focused on her management job requirements, and was finding it impossible to do a full days work. She had no choice but to take a lower paid, part time cleaning job. To survive financially she had to move into cheaper, rundown accommodation and was a regular visitor to the local food bank. 彼女がなったひどい病気?のおかげで、彼女の管理職へ集中することが出来なくなった。そして1日中仕事をこなすことが不可能であると気付き始めた。彼女は低賃金のパートタイム清掃業へ転職する以外に選択肢がなかった。経済的に切り抜けるために、格安下層アパートへ引っ越ししなければならなかった。そして地方のフードバンク(品質に問題がないにもかかわらず市場で流通出来なくなった食品を、企業から寄附を受け生活困窮者などに配給する活動およびその活動を行う団体)の定期的な訪問者であった。

※たとえばアメリカに多い貧困自己責任論だが、これほど加害側にとって都合のいい考えはないのではないだろうか。被害者になればわかるが、精神論や努力論ではこのような経済的逸失をのがれるのは極めて困難だ。長く考えたがサイコトロニクス(精神工学)兵器と呼ぶよりは生体兵器と呼ぶほうがこのような現象に対する説明がしやすいかもしれない。

As bizarre things were constantly ongoing,friends,family & colleagues...
Started to turn their back on her.
Eileen was made to feel silly when she explained one bizarre ordeal after another to others.No one believed her.Often she weas asked...
"Why would someone do this to you anyway?"
"Why are you singled out?"
(Questins she asked herself-Questions she couldnt answer)
異常な出来事が恒常的に起こり続けるようになってから、友人、家族や同僚が彼女に背を向けるようになり始めた。
Eileenは他人に異常な苦しい体験をあいついで経験したことを説明する時、愚かなことをしているようにしか、感じざるにはいられませんでした。
彼女がいつも尋ねられるのは、
「いずれにしても、なぜ誰かがあなたにそのようなことをするのですか?」
「なぜ、あなたが(ターゲットに)選出されたのですか?」
(彼女が自分自身に問いかける疑問であって、自分自身で回答することが出来ない疑問である)

※以前にも書いたことがありますが、自分の場合でも犯罪にあう理由とか、犯人とか全く見当がつきませんし回答出来ないのは、Eileen氏と何ら変わりません。
このテクノロジー犯罪システムは、人造統合失調症システムと恐らく同一で、メソッドによって犯罪と捉えることが出来るか病気としかとらえることが出来ないか
といった違いが生じることはあっても、根本的なものは同一であると予想しています。
精神病が発生するのに、動機も犯人も必要ないのと同じことであえて言えば精神病の引き金となる発生因子へ相乗りするといったような動機?しか思いつくことはありません。

長くなりますので、続きは次回にしようと思います。

プロフィール

広島県人

Author:広島県人
2011年頃、明瞭な音声送信や明らかな身体の操作感覚によってはじめてテクノロジー犯罪と呼ばれる電磁波攻撃を認識することができました。
しかしその後の他被害者のブログやコミュニティーの情報などで、以前から長く続いていた異様な体調不良や不幸が運命操作と呼ばれる脳科学を悪用したものによる原因であることを強く疑うようになりました。
このホワイト犯罪は不可視であり、また証拠が取れないため解決が非常に困難で、被害者自身でも誤認識が多々発生いたします。可能な限り憶測は避ける内容にしたく存じます。

お問い合わせや、ご連絡はこちらのメールアドレスまでよろしくお願いいたします。
lectual@gmx.com

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR